• Webサイト
  • 信頼・ブランド
  • スペシャルコンテンツ
  • プロモーション

30周年をたのしく真面目にPR http://www.hiroshima.coop/30th/index.html

プロジェクトに携わったメンバー

地元の方に親しみを持って楽しく閲覧してもらうために、
コミカルテイストでもしっかり伝わるPRにチャレンジした事例です。
硬派なイメージをもたれがちなお客さまの周年企画として。

1お客様からのご要望

親しみやすい内容で30周年をPRしたい

生協30周年ということを多くの方に知っていただくこと、また、「生協とはなんなのか?」ということをわかりやすく伝えられるコンテンツをというご要望でした。
「生協」について、多くの方はとても硬派なイメージを持っているようです。今回は30周年ということもあり、少し親しみやすい内容にという事でした。

2コミカルテイストで楽しく伝わる構成に

大切なのは、初めて生協のサイトを訪れた方にも興味をもっていただくことです。そのため、品がありながらも面白く、インパクトのある構成にしました。

会話形式で生協の歴史を紹介

以前、弊社の10周年記念サイトを御覧いただいたことがあり、そのサイトと同じように『縦スクロールでリズミカルに展開する、コミカルなテイスト』を取り入れる事になりました。 縦にスクロールすることで、まるで会話が進むように次から次へとテンポよく生協の歴史や仕組みなどが紹介されていくページ構成です。

ほのぼのとしたイラスト

登場するキャラクターはクスッと笑いたくなるような、そんなコミカルテイストを意識しました。これらの提案は、お客様のご要望をお伺いしてしっかりコミュニケーションを取りながら決めていきます。

3デザインの細部について

親しみやすさの工夫

地元の方に親しみを持っていただけるよう、会話の内容はあえて広島弁で記載しています。 キャラクターについては、複雑になりすぎないよう配慮。お客様にも好評で、こちらはパンフレットなどにも使用される事になりました。
尚、「生協ひろしま」をより印象付けるため、全体はコーポレートカラーのブルーとホワイトで統一しています。

楽しんでもらうためのこだわり

楽しく閲覧できるように、スクロールする際の動きにはこだわりました。 ユーザーのスクロールにあわせて、キャラクターやイラストアニメーションがテンポよく表示されるので、細部まで楽しい雰囲気を演出できます。

毎週水曜に開催!Webの無料相談会・詳細と日程はこちらから