池田 幸治 | 事業統括

池田 幸治

あだ名:おやかた
2011年までおっさんと呼ばれておりましたが、2012年におやかたを襲名しました。
今までは「縁の下の力持ち」をイメージしながら、その中で自分らしさ発揮しようと努力してきましたが、おやかた襲名後は縁の下に隠れようとせず、積極的に外へ出ようと考えています。
引き続き、わびさびのある存在感を追求し、オヤカタスタイルを確立していきたいです。
趣味:サル学、映画製作
好きなもの:ゾウ、ひじき、ダーティーハリー、石の風車、北欧家具、モンティ・パイソン

普段どんな業務をしていますか?
フォノグラム全体を俯瞰でとらえ、上手くいっていることに警鐘をならし、社内に対して揺さぶりをかける役割を担っています。
また、お客さまに対してはWEBだけにとらわれず幅広く視野を広げ、提案し、新たな気づきが生まれるよう務めています。
仕事をする上で特に気をつけていることは?
何も無いところから、創造力とチーム力で価値を生み出すような仕事が出来るよう、日々気付いたことを記録したり、行動の習慣化に気をつけています。加えて、どんな時も意思決定を恐れないようにしています。どうしても不確定要素に惑わされてしまうのですが、今手元にある情報と資源から最適な解を導き出して行けば、おのずから良い結果が出ると考え仕事をしています。
将来の夢は?
フォノグラムで開発した製品やサービスが世界中の人に使われるようになること。
特に人工知能(Artificial Intelligence)、セマンティックウェブ、情報ライフサイクルの分野で独自の技術力を発揮し本当に有益なコミュニケーションツールを生み出したい!
趣味や、日々している事で、仕事に役立ったことはありますか?
友人との何でもない会話からアイデアのヒントを得ることがあります。
映画を作ろうとするモティベーションから自然発生的な行動力を得ることがあります。
風呂に入っているとき、音楽を聴いているとき、本を読んでいるとき・・自分の時間の殆ど全てが仕事に関係していると言っても過言ではないと思います。
日々のお仕事で身についたことはありますか?
問題解決力が培われたと思います。
目の前の事象を認知・理解し、問題を発見し、解決策を考え、リソースを用意し、計画を立て、行動し、確認する。そんな習慣が何となく身についた気がします。
フォノグラムに欲しい人材って?どんな人と働きたい?
何事にも感謝を忘れない人。
「感謝している」と素直に受けとめ表現できる余裕のある人。

メンバー一覧へ戻る

フォノグラムと出会う!

エントリー