楽しさ研究所FUN LAB

肝だめしインターンやってみた(結果報告)

掲載日: 2016/08/30

地方の中小企業(零細企業)で採用予算もあまりないけど、全国の学生に存在をアピールしたい!
全国から活きのいい学生を集めたい!そんな『採用』のお悩みに。
私たちがこの夏挑戦した、他社がどこもやったことのないインターン企画をご紹介します。

舞台は社員の帰った深夜のオフィス。ビビった学生から強制退場!
恐怖に耐えて、朝までに「スゴイ」企画を出してください。

[インターン企画ページはこちらから]



その名も『肝だめしインターン』

肝試しというと「わーっ」と脅かしてオシマイ、の印象がありますが、
本企画には軸となるコンセプトストーリーがあります。
ひとつの世界観の中で、このコンセプトに沿った恐怖イベントが次々と発生し、学生をさらなる恐怖に突き落とします。

これが軸となるコンセプト動画だ!

上の動画をみんなで仲良く鑑賞




コンセプトに沿った恐怖イベント(ほんの一部)

窓に無数の手形が...

ビビった学生は拷問部屋に強制連行される

深夜2時にフィールドワーク

何か追いかけて来る!

誰か見てる

外出から帰ってみると、黒板が...




企画のためのワークもバッチリ!

そしてもちろんですが、こちらは企画・プロモーション系インターンシップなので、
テーマ課題に取り組むためのグループワークもしっかりやりこみました。

ひとり1つの懐中電灯を手にワーク開始。どうしても戸口が気になる?

集中してくると恐怖も忘れる

カスタマージャーニーでターゲットの行動を分析

気付きをメモる。暗いけど

東の空が明るくなる頃には社員も出社してプレゼン大会。「アイデア王」は誰だ?

女子に囲まれ、おいしいおにぎりの朝食。この後ついに亡霊も成仏




★ところで...「何が一番怖かった?」学生に聞いてみました。

・非常口にたたずむ亡霊(たけちゃん/20歳・女性)
・地蔵たちに後ろから追っかけられた(きのこ/20歳・男性)
・はだか男(しゅーべー/20歳・男性)




【まとめ】全国の猛者を集める事ができた!

こんな零細企業にもかかわらず、全国各地から数十名もの応募をいただきました。なんと対目標5倍
大人数でワイワイやると全然怖くないので、泣く泣く選考で少人数に絞らせてもらったほどです。
あとは、企業にも学生にも負荷が少ないだろうということで考案した1Day企画でしたが、オールナイトは大人にはしんどいです。当日は事前に仮眠をとって16時出社にしたのでなんとか乗り切れましたが、他の企業さまもこんな場合には仮眠をお忘れなく。

[関連リンク]インターン企画概要はこちら>>

ウズウズするアイデアを求めているやつはフォノテラスへ来てくれ!毎月開催!Webの無料相談会・詳しくはこちらから