• Webシステム
  • 操作性UP
  • 業務効率UP

はじめての人も操作がわかるナビゲート機能 http://www.hirogin.co.jp/direct/ibanking/demo/index.html

プロジェクトに携わったメンバー

広島銀行さまインターネットバンキングサービスのリニューアルに伴い、
"はじめての人でも"新画面をカンタンに操作できるようなナビゲート機能を搭載しました。
次にやるべき操作を、先回りして自動でガイドしてくれる機能です。
(※体験版にのみ搭載)

1お客様からのご要望

新サービスの操作方法を、分かりやすく説明したい

操作方法が変わるということで、新しい操作方法をユーザーにわかりやすく解説する方法を模索していらっしゃいました。
当初は、サービス本体とは別に、わかりやすい解説動画や解説ページを新たに作成する事をお考えでした。

2フォノグラムの提案

ユーザーの操作にあわせて、次にとるべきアクションをリアルタイムでガイドできる機能

今回はユーザーの利便性を第一に考えて、操作している画面内で解説も同時に見られるようなガイド機能をご提案しました。
ユーザーのボタン操作にあわせて、次にやるべき操作を、先回りしてガイドしてくれる『自動ナビゲート機能』です。

ユーザーの4つのメリット

  1. 操作の流れを邪魔されない。
  2. 別ページを開かなくても、今操作している同じ画面内で解説も同時に見ることができる。
  3. 実際にボタンを押すことでインタラクティブに操作方法を体得できる。
  4. 同じ操作方法で実際の取引が行える。(体験版の場合)

3複雑さを解消する工夫

たくさんの取引を行うことができるインターネットバンキングは、操作も複雑になりがちです。今回の提案では複雑さを解消し、ユーザーがダイレクトに必要な取引にアクセスできるような工夫を施しました。
具体的には・・・

  • 順を追って操作できるようなデモ構成
  • 次のアクションが分かりやすいようにボタンを点滅
  • 目で追いやすいように関係のないコンテンツをグレートーンに抑える
など、一目見てわかるような構成にしています。

4さまざまな業界で活用できる

操作が困難な多種多様のサービスを、わかりやすく!

今回提案させていただいた『自動ナビゲート機能』は、 インターネットバンキングに限らずさまざまなWebサービスやシステムで、ツールの複雑さを解消しユーザーにストレスなく利用してもらう手法として活用できます。

例えば、
・新しい伝票システムを導入したので、操作マニュアル代わりに
・専門性の高い工業製品の取扱説明書代わりに
といったお話をいただいています。

今回のポイントは、ユーザーの実際の操作にあわせて説明を表示できるというリアルタイム性・インタラクティブ性です。
もちろん動画等で操作方法を説明する事もできますが、実際に同じ操作画面で取引が行えるとユーザーの利便性が格段にアップします。さらに、既存のWebサービスやシステムの上に追加で搭載できるweb機能なので、新たにヘルプコンテンツを構築する場合と比べると、省労力・短納期での実装が可能です。

PDF資料をダウンロードいただけます

ウズウズするアイデアを求めているやつはフォノテラスへ来てくれ!毎月開催!Webの無料相談会・詳しくはこちらから